どっちぼーい

ゲームデザイン/アートワーク:daipo(CRIMAGE)

  • プレイ人数3~6人
  • プレイ時間30~60分
  • 対象年齢13才以上

¥未定(税込)

購入する

トモダチのどっち、知ってる?

『どっちぼーい』は親プレイヤーが「YES」「NO」で答えられる質問に
どちらを選ぶか予想する“賭けゲーム”です!!
トモダチだったら当たるハズ?!はじめましてなら一気に仲良くなれちゃうかも?!
トモダチを知りつくしたとき、君はこう呼ばれるだろう・・
君a.k.aどっちぼーい!!!!!!

セット内容

  • ・遊び方説明書…………1部
  • ・質問カード……………162枚
  • ・スペシャルチップ……30枚
  • ・場パネル………………14枚
  • ・親コマ…………………1コ
  • ・ドッチ券………………12枚
  • ・Dウォレット…………6枚
  • ・ペン……………………6本

準備

  • ・各プレイヤーは「ペン」1本、「ドッチ券」2枚、「Dウォレット」1枚、「スペシャルチップ」をランダムに2枚受け取ります。
  • ・じゃんけんで親プレイヤーを決めます。

ゲームの進め方

はじめに場を作ります
図のように「場パネル」「親コマ」「質問カード」を配置します。

さぁ準備完了したところで…『どっちぼーい』って?
『どっちぼーい』は親プレイヤーがどっちを選ぶか予想する賭けゲームです。
上の図で親プレイヤーはスタートから「YES」「NO」どちらかを選びながら「親コマ」を進めていきます。
子プレイヤーは親プレイヤーがどのマスに到達するかを予想して所持金を賭け、当てたマスの倍率にあわせて配当金を受け取ります。
全プレイヤーが1回ずつ親をプレイし、所持金が最も多いプレイヤーの勝利となります。





STEP1「親のゲートイン」

親コマをスタートマスの上に置き、全プレイヤーが100ドッチ受け取ります。



STEP2「ヒントタイム」

親プレイヤーの人物像を探るためのステップです。親プレイヤーの左隣りの子プレイヤーから時計回りに、場に出ている質問カードを1人1枚選んで質問し、親は正直に答えていきます。



STEP3「予想タイム」

【子プレイヤー】
親プレイヤーがどのマスに到達するかを予想し、ドッチ券に予想するマスと掛け金を記入します。



【親プレイヤー】
どの子プレイヤーが当ててくれるかを予想し、ドッチ券に予想するプレイヤー名と掛け金を記入します。


親も含め全プレイヤーが、ドッチ券に予想を記入します。



STEP4「親の出走」

全員が賭け終わったらいよいよ出走です!親プレイヤーはYES、NOの質問に答えながら親コマを進めていきます。


「予想が当たったら!」

親コマが予想したマスを踏んだ時点で当たりです!すぐに当てたマスの倍率に応じて配当金を受け取ります。親プレイヤーの予想が当たった場合も受け取ります。



ラウンドの終了

「ソウルメイトの段(最下段)」まで親コマを進めたらこのラウンドの終了です。場の質問カードを全て捨て、新たに質問カードを並べます。親プレイヤーの左隣りのプレイヤーが次の親プレイヤーとなり、前のラウンドと同様にゲームを進めます。



「ゲームの終了」

全員が1回ずつ親をプレイしたらゲーム終了です。Dウォレットの所持金が最も多いプレイヤーの勝利です。



「スペシャルチップを使おう」

子プレイヤー時にのみ使える、ゲームを有利に進めるためのサポートアイテムです。


【効果は全部で9種類】
配当金を2倍にしたり、質問の答えをねじ曲げたり、ボーナスでお金をゲットできたり、いろいろな効果があります。スペシャルチップゲットマスでチップをゲットして勝利をめざしましょう!!


※スペシャルチップの詳細は説明書をご確認ください。

購入する